池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

脱毛当日にやっていいこと、ダメなこと

    

脱毛当日にやっていいこと、ダメなこと

貴方のお肌はしっかりとお手入れされていますか?

これから薄着になる季節、お肌のお手入れは重要です。
女性の肌はいつどこで見られているか分かりません。
通勤電車のなかや会議中、飲み会など目につく機会もこれから増えてきます。
夏になれば水着を着たりする機会も増えてくるので、きちんとお肌のお手入れをする必要があります。
お肌のお手入れとなると、すぐにできるシェービングや毛抜き、市販の脱毛剤を使用しての脱毛がいつでもどこでも手軽にできるので勧めです。
しかし、これらのお手入れは一見すると確かにお手入れは簡単でお手軽なのかもしれません。
しかし、これらのお手入れは肌を傷つけるのでお勧めできません。
しかも、肌が弱い人がこれらのお手入れをすると、肌に炎症が起こったり化膿してしまう事があるので禁止です。
このようにお肌が弱い人におすすめなのが脱毛サロンでの脱毛です。
脱毛サロンではフラッシュ脱毛という方法が採用され、肌に特殊な光を当てて脱毛をします。
痛みもなく肌が荒れることも少ないので、肌が弱い人でも安心して施術を受けることが出来ます。
この脱毛をする前にやってはいけないことがあるのはご存知でしょうか?

 

脱毛前日にやってはいけないこととは?

★まず1つ目は毛抜きやワックス脱毛です。
フラッシュ脱毛とは、特殊な光を当てて毛根を破壊することで脱毛効果を得ることが出来ます。
毛抜きで抜いたりワックス脱毛で根元からごっそり抜いてしまってはせっかくの脱毛効果を無意味にしてしまいます。
脱毛前日は根元からごっそり抜いてしまうこれらの行為は絶対にやめましょう。

★2つ目は日焼けです。
フラッシュ脱毛の特徴は、ムダ毛の黒い色素に反応します。
日焼けをしてしまうと痛みを感じやすくなってしまったり、光が分散してしまう事で脱毛効果は半減してしまう事があります。
日焼けしたての真っ赤な肌も禁止です。
日焼けはお肌が火傷しているのと同じ状態で非常にデリケートです。
この状態でフラッシュ脱毛をしても炎症が起こりやすくなってしまいます。
ですから、日焼けした肌にフラッシュ脱毛はできません。

★3つ目は薬の服用です。
薬の成分によっては光に対して過剰反応してしまうものがあります。
この薬を飲んだまま光を当てると火傷を引き起こしてしまう原因になります。
薬を飲んだ場合、12時間以上開けてからの施術になります。
インフルエンザなどの予防接種のワクチンを接種したばあい、体内で免疫を作る時期のため人によっては体調が崩れることもあります。
サロンによっては1週間開けてからの施術になることがあります。
基本的に薬を飲んだ場合やワクチンを接種した場合、ある一定期間開けなければ施術をすることが出来ません。

 

施術前にやっていい事は?

施術前にやって良いことは、保湿です。
保湿をしっかりすることで、お肌の角質まで水分が行くので、脱毛効果を感じやすくなります。
脱毛後はお肌がデリケートなので、クールダウンを兼ねてボディジェルを塗るのもいいでしょう。

キレイモでは、脱毛後にクールダウン用の美容成分タップリのジェルを塗ってくれ、お肌がプルプルになります。
脱毛するとお肌はデリケートで熱を持った状態になります。
冷たいタオルを体に当ててお肌のクールダウンを行うことで、炎症などの肌トラブルを抑えることが出来るのでおすすめです。

〇やってはいけないこと
血行を促進すること、お風呂に入ること、激しい運動や飲酒など血行促進することは禁止です。
脱毛後は非常にデリケートです。
間違ったケアはお肌に大きな負担をかけます。
これらの事をしっかりと守ることで、脱毛した後も肌トラブルが起こることを防いでくれます。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件