池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

脱毛前の自己処理はどこまでやるの?

    

脱毛前の自己処理はどこまでやるの?

これから外気温も高くなり、脱毛をする人が増えてきています。
最近では女性だけではなく男性もムダ毛に気を使っている人が多いのはご存知でしょうか?女性同様、脇や脛、腕などTシャツから見える場所はきちんと脱毛をする人が増えています。
脱毛をすることで見た目も衛生的になり、臭い対策にもなります。
また、肌が弱い人がカミソリや毛抜きなどの自己処理をすると肌を傷つけたり、抜いた毛穴から雑菌が入り込み、炎症や化膿してしまい皮膚科へ受診しなくては行けなくなってしまいます。
そのため肌が弱い人ほど脱毛サロンでしっかりと脱毛をする必要があります。
脱毛サロンの施術は基本的にフラッシュ脱毛という方法を採用しており、特殊な光がムダ毛の色素に反応し、ムダ毛の組織を破壊する方法です。
ほとんど痛みがなく、1週間から2週間かけてゆっくりと抜けます。
無理やり抜く毛抜きや肌を傷つけるカミソリとは事なり、安心してムダ毛を処理することが出来ます。
では、その前身脱毛をする前の自己処理はどこまでやればいいのでしょうか?

 

脱毛前の処理方法

脱毛までの処理方法ですが、基本的に電気シェーバーで処理をします。

〇なぜムダ毛を未処理だと脱毛が出来ないのか
ムダ毛が未処理のままだと毛根にまでしっかり熱が伝わらないので、せっかくの脱毛効果が得られなくなってしまうのです。
ですから、脱毛をする前日までには、しっかりと電気シェーバーで短くする必要があります。

〇保湿を心がけよう
沿った後は必ず保湿ローションもしくはクリームでしっかりと保湿をします。
普段からしっかりお肌は保湿をする必要があります。
保湿をしっかりとすることで、フラッシュ脱毛後、ムダ毛がするすると抜けやすくなるからです。
保湿不足の肌はフラッシュ脱毛をしても思うように抜けなくなってしまい、せっかくの脱毛効果が台無しいなってしまいます。
脱毛前日にいきなりやるのではなく、普段からしっかり保湿対策をして肌の内部までしっかりと潤いを届けるようにしましょう。

〇もし、未処理のまま脱毛サロンへ行くと
当日の施術は断られることがあります。
サロンによっては未処理のままサロンへくると脱毛1回分消化というペナルティが与えられる場合もあります。
全てのサロンでそういった処置があるわけではありませんが、利用契約書をしっかりと読み、前日までにはしっかり処理をします。
しかし脱毛個所によっては自分で処理をすることが難しい場合もあります。
特に背中は自分では手が届きにくいので、きちんとムダ毛を処理することはできません。
そういった場合は、自分専用の電気シェーバーを持参しましょう。
電気シェーバーを持参することで、手が届かなかった場所のムダ毛をしっかりと処理することが出来るからです。

 

手が届く範囲のムダ毛は前日までにしっかりと処理しましょう

基本的にはムダ毛処理は前日までに電気シェーバーで処理をします。
VIOも電気シェーバーでしっかりと処理をしますが、初めての人でどこまで処理をしていいのか分からないという人は、サロンの人に相談をすることでしっかりと教えてくれるので安心です。
全部剃るのではなく形を作りたいという人も、処理の方法を指導してくれます。

〇女性も男性も処理の方法は同じ
カミソリの場合は、深剃りになってしまったり表面の皮膚まで削ってしまうだけではなく、色素沈着の原因にもなってしまいます。
ムダ毛は処理をすることで保湿ローションの浸透も良くなったり、スキンケア効果を高めます。
蒸れを防いで雑菌の繁殖を抑え、衛生的に保つことが出来、今男女ともに注目されています。
脱毛をする前は前日までに電気シェーバーで処理をすることを忘れないようにしましょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件