池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

あざがある部分は脱毛できる?

    

脱毛サロンやクリニックの施術を利用すると毛根部分からきれいに処理ができ、仕上がりにも美しく効果も長持ちします。

こうした施術を問題なく行うためには肌の状態が良いことが大切です。

肌トラブルがあると施術を断わられてしまう可能性がありますが、特にあざがある部位は施術ができるかは気になるところです。

 

 

カウンセリングで悩みを相談しよう

エステサロンやクリニックでムダ毛処理をすれば全身くまなくきれいにでき、しかも長期に毛の再生が抑えられますので、自己処理の手間もなくなります。

こうした施術は肌が健康であれば特に問題なく始められることが多くなっています。

何等かの肌トラブルがある場合は、まずはカウンセリングで安全に施術ができるかを確認しましょう。

現在の施術の主流はレーザーや光の照射です。

これらは黒い部分に反応する特徴を持ち、毛を無理に抜かなくても照射するだけで毛根部分からしっかりと処理できるのが特徴的です。

黒い部分に反応しますので、日焼けなどはしないようアドバイスされることがほとんどです。

施術が終わるまでは肌は焼かないように注意したいですが、元々肌に色素沈着がある、あざがあるという人もいます。

このような場合は施術が受けられるのかもよく確認しておきたいところです。

エステサロンやクリニックではカウンセリングの際に肌の状態をチェックし、問題なく施術できるかを判断していきます。

まず、どこかにぶつけたなどで一時的にできているものであれば、回復すれば問題なく施術が受けられます。

生まれつきあるものの場合は消えることはありませんので、その部分は避けて行うことが一般的です。

 

あざの治療を行うという選択もあります

エステサロンでは治療は行われていませんが、美容クリニックならあざの治療も行われていますので、この際に治してしまうという選択もあります。

医療機関なら脱毛とあざの治療を同時に進めていくこともできますので、治したいと考えている人は相談してみると良いでしょう。

範囲が狭いなどそれほど気にならないものであれば、特に治療は行う必要はありません。

肌の一部に色素沈着があっても、他の部分は問題なく施術できることがほとんどです。

色素沈着ある部分、色が濃くなっている部分はそのまま照射してしまうと火傷などのトラブルが発生する可能性もあります。

それゆえ、問題のある部分は避けて照射する、テーピングなどで保護して照射することが一般的です。

白っぽい色にはレーザーや光は反応しませんので、保護しておくと火傷の心配もありません。

ホクロやシミなどがある部分、タトゥーがある部分も同じような方法で行われます。

 

照射できなかった部分のムダ毛処理

照射できなかった部分はムダ毛は残ってしまうことになります。

あまり広い範囲でないのであれば、その部分だけシェーバーなどで自己処理すると良いでしょう。

どうしてもムダ毛が気になるという人は、メラニンに反応させない施術を選ぶこともできます。

現在はエステサロンではあまり行われていませんが、医療機関であればニードル脱毛が提供されています。

この方法はレーザーや光が登場するまでは主流だった方法です。

メラニンに関係なく施術できるので、日焼け肌や白くなった毛も問題なく処理できます。

やや痛みは強い傾向にありますが、照射できなかった部分もしっかりきれいにしたい人はこうした施術を取り入れると良いでしょう。

それから、最近は毛根ではなく、毛包部分にアプローチする施術も人気が高まっており、こうした施術で対応できる可能性もあります。

色素の濃い部分も処理したい人はどのような施術があるのかも相談しておくと良いでしょう。

 

現在はレーザーや光による施術が主流ということもあり、色素の濃い部分には照射しないことが一般的です。

あざのある部位などは避けて照射する、テーピングで保護するなどで対応していきます。

その部分はムダ毛が残りますが、あまり気にならない場合はシェーバーなどで処理すると良いですし、気になる場合はニードル脱毛などメラニンに反応しない施術で処理すると良いでしょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件