池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

なるべく肌に負担をかけずに脱毛テープを使用する方法

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/10/21
    

ほかのムダ毛処理方法と比べても、使用方法も簡単で広い範囲の処理ができるのが脱毛テープです。その半面で皮膚への大きなダメージも受けやすく、できるだけ優しいお手入れになるように賢い使用方法で実行をします。

長さがあるムダ毛はある程度カットしておきます

一気に広範囲のムダ毛を引き抜くことができる脱毛テープですが、効率的に処理できる半面で皮膚への負担は大きいです。できるだけ痛みも軽減して無駄に負担をかけない使用方法として、長さのある毛は事前にある程度切っておきます。

カミソリなどでのスッキリさせるほどのシェービングだと、短すぎてテープで抜くことはできません。ですが毛がかなり長い場合は、それだけ粘着する面を広範囲で使うので、何度もテープを張ってはがさなければならず、皮膚への負担は増すばかりです。

そこで清潔にしたハサミを用意しておいて、短すぎない程度にカットしておきます。カミソリや電気チェーバーなどを器用に使いこなしても構いませんが、程よいくらいの長さにしておくようにすることです。

もしくはテープを使用する1週間ほど前にシェービングしておいて、処理する日に1㎝くらい伸びたところで脱毛テープを使う方法でもいいでしょう。

潤いを与えて健やかな素肌に整えておきます

ムダ毛はすっきりとさせても、その土台となる肌に負担をかけるような脱毛テープの使い方をしてはいけません。安心して負担も大幅軽減での処理をするためにも、日頃から保湿重視のスキンケアを継続させておくことです。

専用テープを使った毛の処理のために、お肌のお手入れをしておくことは、一見すると無関係に感じるかもしれません。ところが実は肌のコンディションの良し悪しで、お手入れの際のダメージは大幅に異なります。

日頃から何もケアすることなく過ごしてしまうと、内側と外部刺激も関わって皮膚はどんどん乾燥をするため、テープを使用する際にも痛みは強く、皮膚はその刺激に負けてしまうこともあるくらいです。

赤みが強く出たりかゆみが生じたり、ブツブツができたりとトラブルが起きることもあります。この日には脱毛テープを使うと決めたら、その日に向けて毎日肌に充分な水分を与えるお手入れをすることです。

バスタイムで清潔にしたら、すぐに化粧水で潤いを与えて、水分の蒸発を防ぐ美容クリームや乳液を使います。十分に保湿された肌は健やかであり、テープでの処理の負担を大幅に軽減してくれるはずです。

クールダウンと保湿重視のアフターケアも大切です

健やかな状態を維持するためにも脱毛テープを使う前には、まず素肌を清潔にすることから開始です。汚れやほこりに過剰な皮脂など、不衛生な状態でしてはいけません。処理を施す部位は洗う清潔にすること、お風呂の入ることができるなら、そのほうが毛穴も開くため毛は抜けやすく、同時に処理時の痛みも少なくなります。

全体的に毛を抜いた後は放置することなく、皮膚には熱が生じていますのでクールダウンをさせることも必要です。タオルに巻いた保冷剤や冷やしたタオルを患部にあてましょう。冷やすことで火照りも落ち着きますし、開いた毛穴も自然に閉じていきます

クールダウンとともにおこなうこととして、素肌のアフターケアをおこなうことも欠かせません。いつもよりも水分蒸発も激しくなっていますので、ジェルや化粧水を使用しての保湿のお手入れを十分にすることです。通常よりも乾燥をしやすい状態ですから、水分補給をした後は保湿クリームやワセリンなどを使い、しっかりと油分の補給もします。

 

痛みが強くて皮膚への刺激が強い、そんなマイナスのイメージを持つこともある脱毛テープですが、正しい方法を知れば素肌に大きく負担をかけることなく、安全に使うことができるとわかります。そのためにも日頃からお肌のお手入れを十分にしておくこと、十分に潤った肌が維持されていれば、大きくダメージを受けることはありません。

同時に事前のひと手間とアフターケアにも力を入れること、何も難しいことはありませんし、快適な脱毛テープでの処理をすることができます。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件