池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

池袋の脱毛事情|部位ごとの痛みの違い

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/24
    

 

居酒屋などが多いにぎやかなイメージのある池袋ですが、最近では脱毛したい人にとって人気の場所となっています。

それだけでなく、おすすめでもある場所です。

その理由と共に、痛みを感じる場所の共通点と特に痛さを感じる体のパーツについて説明します。

 

 

 

池袋での脱毛をおすすめする理由

以前は池袋と言うと、娯楽施設や居酒屋が多く、治安の面で不安に感じる女性が多かったかもしれません。ですが最近では、アニメ好きが集まる場所となり、近隣の公園ではグッズの交換会や写真撮影する様子を見かけることが多くなりました。

そのような平和な光景が広がっていることからもわかるように、治安的にはかなり改善されたと言えるでしょう。また、アニメ好きには自分の好きなキャラクターになり切りたいコスプレ好きも多いため、ムダ毛処理に関心を持つ方も多いと言えます。

それら様々な要素から、特にアニメグッズ店が多くある東口に、脱毛サロンやクリニックの出店が増えてきました。さらに池袋と言えば、都内でも電車やバスの乗り入れ本数が多く、特に池袋駅は新宿に次いで乗降者数が全国2位となっているほど交通の便が良い場所です。

路線もJR、地下鉄、私鉄各線が乗り入れており、それにより、大型商業施設や家電量販店・レストランなどの出店も続いています。そのため、通勤や買い物などのついでに脱毛の施術を行える行動パターンが可能になり、技術力が高く、費用対効果が高いサロンやクリニックの出店が増え続けているのです。

 

痛さを感じやすい部分の共通点とは

脱毛を考える人は、心配することの一つとして痛みを挙げる方が多いことでしょう。自分が脱毛を考えている部位の痛みをイメージしておくことで、脱毛を成功させることができますから、知っておくと役立つはずです。

実は脱毛した際に痛みを感じやすい部分には共通点があります。その一つは、太い毛が生えている部分です。自分で毛を抜くことを考えると容易に想像がつきますが、太い毛ほど抜くのに力が入り、抜く際には痛さを感じるものです。脱毛の施術では、毛根に何らかの刺激を与えることで毛を抜きますから、同じように痛いという感覚になるのです。

2つめに挙げられるのは、皮膚が薄くなっている部分です。皮膚が薄くなっている場所ほど敏感なためです。

3つめは、骨に近い部分です。こちらもイメージしてもらえるとわかりやすいですが、骨が出っ張っている部分は総じて皮膚が薄い部分になるため、痛さが強くなります。

体型で言うと、痩せ型で骨が出っ張っている方がより痛いと感じるかもしれません。

 

特に痛みを感じやすい体の部位とは

痛さを感じやすい部分の共通点を考えると、身体のパーツでは具体的にどこになるのでしょうか。

まず第一に挙げられるのがデリケートゾーンであるVIOラインです。VIOラインは太い毛が生えていて、皮膚が非常に薄く、骨の近い場所です。痛みにつながる共通点すべてを含む部位ですから痛いと思う方が多いようです。

2つめに挙げられるのがです。顔の中でも鼻の下とまゆ毛の上は特に痛いと感じる部分です。鼻の下は産毛も生えてくるところで細い毛であっても痛みを感じますので、脱毛の際には注意が必要です。まゆ毛の上は、触るとわかるように骨が出っ張っている部分で皮膚も柔らかく薄い部分のため、痛さを感じやすいのです。

さらには、ヒザの周り、うなじ、指や甲の部分、背骨の部分も痛みが強い場所です。また、脱毛で人気のあるワキも痛い部分として有名です。

このように考えると、全く痛さを感じずに脱毛を行うことは難しいため、脱毛方法を上手に選んだりケアをすることで痛みを軽減するとよいでしょう。

 

池袋は交通の便もよく、アニメやコスプレ好きが集まるため、出店するサロンやクリニックが多いので脱毛に向いている場所と言えます。痛みを感じやすい部分は共通点がありますが、脱毛を行う時には方法を選んだり、アフターケアがしっかりしているところを選ぶとよいでしょう。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件