池袋で全身脱毛を考えている人必見!口コミや評判のいい全身脱毛サロン情報!

ブラジリアンワックス脱毛のメリット・デメリット

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24
    

ムダ毛処理にカミソリを使用する方が多いですが、きれいに剃るには手間がかかるのが難点です。そこでカミソリを使わない除毛方法として人気を集めているのが、ワックス脱毛別名ブラジリアンワックス脱毛という方法になります。これは毛の性質を変えるワックスを塗ることで、一気に毛を抜いてしまうという方法です。

毛だけでなく角質ごと剥がすのできれいです

ブラジリアンワックスはカミソリなどでは処理しにくいVIO脱毛に用いられるものです。

股間部分を含めた下半身全体の毛は、上半身に比べて太くて力強く根を張っているのが特徴です。そのためカミソリで剃ろうとすると、そのかたくて太い毛が刃に絡みついてしまうためクリームやジェルを使っても簡単に剃れません。

そこで股間を含めた下半身全体の毛をきれいに処理するためにはカミソリではなくワックスを使用します。ワックスは毛の性質を変えて柔らかくする成分が入っており、さらにワックスには空気に触れると固まる油脂が入っています。

ワックスを塗って時間をおくと、その薬効成分によってかたい毛も柔らかくなり簡単に抜け落ちやすくなるのです。その後付属品の接着シートを塗ったポイントに貼り付けていき、柔らかくなったもう今後と一気に抜き取ります。

使用するうえでのメリットは、広範囲を一気に処理することができるため時間がかからないことです。さらに柔らかくする薬効成分は毛だけでなく、皮膚の表面についている古い角質も柔らかくしてくれます。そのため接着シートを剥がす際に、古い角質も一緒に落としてくれるので表面が滑らかになり見た目もよくなります。

ある程度の長さが必要です

薬剤を塗ることで最短で効果を発揮するブラジリアンワックスですが、使用上でいくつか注意点があるので知っておく必要があります。このワックス脱毛は確かに効果はあるのですが、使用するうえで重要なルールがあるのです。

ブラジリアンワックスで脱毛したとしてもそれは一時的であり、個人差はありますが3週間経つと毛根は生きているので生えてきます。生えてきたからといって、再びブラジリアンワックスを脱いっても意味がない場合があります。

ブラジリアンワックスは毛の表面についた組織を壊す必要があるので、毛の表面につく面積が少ないと薬効成分が浸透せず抜くことができない為です。そのためブラジリアンワックスは、4週間以上たって毛の長さが1センチ以上になってから使わないと効果を発揮しません

使う前に用法用量に注意がいります

再び生えてきたときに1センチ以上ないと使えないというのがデメリットと言いました。これ以外にも注意事項があるので使用するのであれば必ず覚えておくことが大事です。

ブラジリアンワックスを使う上で、絶対に最初におこなってほしいのがパッチテストです。パッチテストというのは、手の甲に薬品を塗って違和感がないか確認する作業になります。

毛を抜くためのワックスの中には、さまざまな薬品が添加されています。もちろん安全テストをおこなったうえで販売に出していますが、それでも薬効成分に皮膚が反応してしまうのを避けるのは難しいです。

もしテストをおこなわずに使用してしまうと、万が一皮膚が薬効成分に反応すると皮膚が炎症を起こし重度のアレルギーを引き起こすことになります。そのため被害を最小限に食い止められる手の甲に塗り、その後使って間もない段階の様子だけでなく1週間後に反応が出る場合もあるので確認します。

もし反応があった場合には、すぐに使用をやめて、使用したワックスをもって皮膚科を受診しましょう。2週間以上たって、何事も反応がないとわかれば使用してもよいです。

 

これから夏の時期になると露出が増え、特に年頃の女性にとっては全身の毛は見た目を悪くしてしまうので美容面で気にしてしまいます。

そんなときに古い角質ごと毛を抜いてしまうブラジリアンワックスは、特にかたくて太い下半身の毛を手軽に抜けるので見た目を上げるうえで利点が大きいです。ただブラジリアンワックスは毛根まで抜くわけではないため、だいたい3週間たてば元の状態に戻るので予定に合わせて使うことが大事になります。

そしてワックスによっては皮膚に炎症を起こすリスクがあるので、しっかりとパッチテストを自分でおこなって安全を確認する必要もあります。

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件